読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アップルの最高のUIデザインチームでさえ、電話といえば、このあのワイアードな100

アップルの最高のUIデザインチームでさえ、電話といえば、このあのワイアードな100年も前からの受話器のデザインをモチーフにしている。モバイル誕生から、かれこれ20年が経過しようとしているのにこのアイコンはプアすぎるのではないだろうか? カール・ベンツが、1885年に初めてガソリンで走る車、パテント・モートルヴァーゲンを発売する時に、使ったメタファーは歴史的な名コピーとなった。 グッチiPhone7ケース 活気的な新たなメタファーを伝える時には、古いメタファーソニーモバイルコミュニケーションズは、新製品となる「Xperia Z」をアメリカ・ラスベガスで開催の家電展示会「CES」で発表した。 Xperia Zは5インチのフルHDによる大画面ディスプレイに、1.5GHzのクアッドコアCPUを搭載。 グッチiPhone7ケースバッテリーは2330mAhと大容量となっている。 Xperiaシリーズと言えば、従来は曲線を生かしたデザインが多かったが、Xperia Zは、角張ったフラットなフォルムに仕上がっている。 シャネルiphoneケース本体は7.9mmと薄く、まるでガラスの一枚板のような質感となっているのが特長だ。背面はガラス、電源ボタンにはアルミを採用するなど、高級感のあるデザインといえる。 ルイヴィトンiphone7ケース 防水・防塵にも対応するなど、日本市場を意識した設計になっている 防水・防塵にも対応するなど、日本市場を意識した設計になっている 実際に触ってみたが、大画面でありながら、本体が薄いので、手におさまる大きさに仕上がっている。とにかく質感が高く、所有欲をくすぐるデザインに感じた。 シャネルiphone7ケース 5インチのディスプレイはフルHDで、443ppiという高密度液晶を採用した。Retinaディスプレイが人気のアップル・iPhone5が326ppiであるから、Xperia Zがかなりの高密度だということがわかる。 シャネルiphone7ケース カメラには新開発の「Exmor RS for mobile」を搭載。画素数は1310万画素。 エルメス iphone7ケース動画でも逆光を気にせずに撮影でき、さらに静止画と動画を同時に撮影できるようにもなった。ソニーCyber-shotの技術を応用し、夜景撮影時にはノイズを少なくして高画質化を実現。 ルイヴィトンiphone7ケース人肌などの撮影にも強くなった。 NFCだけでなく、Felicaにも対応。 シャネルiphone7ケースアメリカで発表された「Xperia Z」ではあるが、ソニーでは「日本で発売の予定」とアナウンスしている。ソニーからは具体的な発表はされていないが、昨年のCESで発表された新製品がNTTドコモから発売された流れを考えると、XpeiriaZもNTTドコモから発売される可能性が濃厚だ。 iPhone7ケースを再定義し、アナロジーを駆使しなければならなかった。 カール・ベンツは、自動車を、これは「馬がいなくても走る馬車である」と自動車を説明した。 シャネルiphone6ケース さらに「Cargo=荷車」 から、「go」 を取り除き、「Car=クルマ」と命名している。 自動車はガソリンで走るという機能を説明するよりも、よほど、当時の人たちには、馬車が馬がいなくても走るほうが画期的だった。 ルイヴィトンiphone7ケース さらにその「馬がいなくても走る馬車」をデモする為に、ベンツ婦人は子どもをつれて、ドライブという喜びを自ら伝道しドイツの街道(ベルタ・ベンツ・メモリアルルート)を走り、観光名所となっている。 130年も前のほうが、古いメタファーの使い方は画期的だったのだ。 iphone7ケース UIデザイナーたちよ! もっと真剣に真摯にアイコンの役割を考える時期が来ている。